プラズマローゲンで認知症予防~スムージーの魔法の効果~

女性

たるみ改善にはプラセンタ

美肌

肌のハリを取り戻すのに効果的なサプリとして、今もっとも注目されているのが馬プラセンタのサプリです。プラセンタの中でも馬由来のものはアミノ酸の量が群を抜いており、安全性も高いとされているためです。

野菜と果物で作れる飲み物

スムージー

ニュースや雑誌などに最近多く取り上げられているグリーンスムージーは、正しく飲むことで、確実な効果を期待することができます。これから冬が本格的になるときには、体と腸を冷やさない飲み方が重要となってきます。

通販サイトで買う

飲料

スムージーを美味しく活用したいという人は、通販サイトから粉末タイプの製品を買うのも一つの方法です。製品によっては、フルーツが含まれているため美味しく飲める他、緑黄色野菜の他にも沢山の食品の酵素を得ることも可能です。

ホタテ貝由来の注目成分

サプリメント

最近ではスムージーに注目が集まり栄養素の補給方法も変わってきました。栄養素を補給することで予防することのできる症状は沢山ありますが、認知症も栄養素の補給で予防することのできる症状です。治療が難しい症状の1つとされる認知症は、現在でも根本的な治療や予防法確立への取り組みが進められています。その中で近年、プラズマローゲンと呼ばれる成分への注目が高まっていると言われています。プラズマローゲンは人間の体内にも存在する成分の1つで、現在では主にホタテ貝から採取される成分となっています。この成分が近年、認知症の中でも多くの割合を占めるとされるアルツハイマー型やレビー小体型への有効性があるとする結果が発表されました。プラズマローゲンが持つ働きによって、脳内の神経細胞における炎症および情報伝達機能の改善が起きると考えられています。また、認知症の原因として疑われるタンパク質の蓄積回避作用が起こるとも考えられています。これらの説を裏付ける様な研究結果が出た事で、プラズマローゲンに対する認知症治療の進展が期待される状況になっています。

そもそもプラズマローゲンとはリン脂質と呼ばれる成分の1種とされています。リン脂質は人間をはじめとした哺乳類動物の細胞が持つ細胞膜を構成する成分となっています。そしてリン脂質の1種であるプラズマローゲンも、人間の神経や免疫、心筋などといった重要な組織の細胞群に含まれていると分かっています。それらの場所で細胞膜を構成したり、様々な生体シグナル伝達機構の一環を担ったりする働きがあるとされています。また細胞内でプラズマローゲンは高い抗酸化作用を発揮し、細胞の損傷を防ぐ働きがある事も知られています。こうした働きから、脳内の神経細胞における酸化や損傷を予防する事で、炎症や情報伝達機能の改善に繋がると考えられています。そしてプラズマローゲンが認知症患者の血液には少なくなっていた点や、成分の補給によって症状改善がみられた結果から、先に述べた様な期待が高まっているとされます。